潤徳会

会長ご挨拶

潤徳会員の皆様にはいつも多大なるご協力を頂きましてありがとうございます。
今年度は228名の新入生が入学しました。5月には体育祭が行われました。午前中は1年生が優勢でトップでしたが、最後は3年生が逆転勝ちし初優勝を飾りました。競技に真摯に向き合う姿に感動し生徒達の笑顔がとても印象に残りました。
今年度の潤徳会にも12名の新メンバーが入会し活気に満ちています。7月には第1回日帰り散策が行われ参加者30名と防災体験学習施設に行き、地震発生時の避難体験を、タブレットを使ったクイズ形式で体験しました。貴重な経験に防災に対する意識も変わりました。今後はうるおい祭でのワークショップや第2回日帰り散策を予定しています。
会員の皆様と親睦を図り子供達のより良い学園生活の為にお手伝いをさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。

潤徳会会長
栗本 三矢子

目的

本会は潤徳学園の総合的な発展向上に寄与することを目的とする。

事業

本会は前条の目的のために次の事業を行う。

  1. 学園の施設、設備に関する援助。
  2. 生徒の課外活動に関する事業。
  3. 会員相互の資質向上に関する事業。
  4. その他本会の目的達成のために必要な事業。

平成30年度事業報告

昨年度は新たにPTA活動を卒業した新委員を迎え、役員会・定例委員会では新鮮な意見を取り入れ、活発な活動をする事が出来ました。5月には定時総会を行い新年度が始まりました。7月には広報誌「潤徳会だより49号」を発行しました。

8月にはカルチャー教室にてビーズのバックチャームを作りました。可憐な花のバックチャームの出来上がりに皆笑顔でした。9月にはワークショップを行いスワロとパールのペンダントトップ作りとアロマストーン作りを開催しました。2日目は台風の影響で午後は中止になり残念でしたが、作製した方からは楽しいとのお言葉を頂きました。

11月には第1回日帰り散策「上野巡りの旅<江戸風鈴絵付け・東京国立博物館庭園散策>」2月には第2回日帰り散策【後楽園巡りの旅<TenQから小石川後楽園散策>】2回の散策ではたくさんの参加者と楽しく交流をしました。

2月に潤徳サミットを司会担当として開催し学園の現状、今後の見通しなどの意見交換を行いました。特に先生方の貴重な報告には今後の活動方針への大きな参考とさせて頂きました。また学園への金銭的支援として補助金676万円を支出し、吹奏楽部、新体操部、生徒会の活動補助、生徒募集、進路進学対策補助、設備改善補助に役立てていただきました。

令和元年度事業計画

後援事業

  • 学園要望の各種後援・支援活動の実施
  • 合同懇談会「潤徳サミット」に参加し、報告意見を参考にした具体的後援活動の実施
  • うるおい祭への出展

運営事業

  • 定例委員会の開催
  • 広報活動(広報誌の発行、学園ホームページの更新)

会員研修・交流事業

  • カルチャー教室(手芸・工芸教室)
  • 研修旅行(日帰り2回)
  • 学校教職員・PTA・同窓会などとの懇親会の開催

その他