潤徳会

95周年に

潤徳会員の皆様にはいつも多大なるご協力を頂きましてありがとうございます。 潤徳高校は今年度95周年を迎えます。2020年の大学入試改革を見据えて、潤徳オリジナル授業や行事の改革変更を行うそうです。 その改革の一環として5月に体育祭が行われました。新学期が始まってから準備期間が少なく用意も大変だったと思いますが、生徒達の競技に真摯に向き合う姿はとても気持ちの良いものでした。 文化祭も模擬店としての飲食物がなくなり昨年とは変わりますが、潤徳会もこの改革に遅れを取らないように生徒達のより良い学園生活の為にお手伝いをさせて頂く所存です。 今年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

潤徳会会長
栗本 三矢子

目的

本会は潤徳学園の総合的な発展向上に寄与することを目的とする。

事業

本会は前条の目的のために次の事業を行う。

  1. 学園の施設、設備に関する援助。
  2. 生徒の課外活動に関する事業。
  3. 会員相互の資質向上に関する事業。
  4. その他本会の目的達成のために必要な事業。

平成29年度事業報告

昨年度は新たにPTA活動を卒業した多くの新会員を迎え、5月の定時総会より活動をすることが出来ました。 7月には広報誌「潤徳会だより48号」を発行しました。7月に日帰り研修旅行「江の島&鎌倉めぐり」を計画実行しました。

8月にはカルチャー教室ビーズアクセサリー「スワロとファルファーレのネックレス」を作りました。 細かい作業でしたが完成した作品に、皆大満足でした。

9月の文化祭において「すいとん」を販売して、大好評で終わりました。

11月には2回目の日帰り研修旅行「水上バスとゆりかもめで巡る浅草→浜離宮→お台場への旅」を計画実行しました。

2月には「潤徳サミット」が行われそれぞれの会や学園の現状、 今後の見通しなど活発な意見交換を行いました。

また学園への金銭的支援活動として事業部費より補助金673万円を支出し、 吹奏楽部・新体操部・生徒会の活動補助、生徒募集、進路進学対策補助、 設備改善補助に役立てていただきました。

平成30年度事業計画

後援事業

  • 学園要望の各種後援・支援活動の実施
  • 合同懇談会「潤徳サミット」を開催し、報告意見を参考にした具体的後援活動の実施
  • うるおい祭への出展

運営事業

  • 定例委員会の開催
  • 広報活動(広報誌の発行、学園ホームページの更新)

会員研修・交流事業

  • カルチャー教室(8月4日土曜日14:00~「スノーフラワーをモチーフにしたバックチャーム作り」)
  • 日帰り研修旅行(11月17日土曜日、2月9日土曜日 2回実施予定)
  • 学校教職員・PTA・同窓会などとの懇談会の開催