潤徳会

会長ご挨拶

潤徳会会員の皆様には多大なるご協力をいただきましてありがとうございます。
今年度の新入生は239人が入学しました。8クラスとなり3学年でも一番の人数となりました。全校生徒611人です。コロナウイルスの影響で生活が一変しました。感染を防ぐために密を避けてマスク着用、消毒、手洗いと気を付けなければなりません。仕事はリモートになり、学校も休校しました。その後、リモート授業になり登校再開するまで不安な思いをなさったことでしょう。先生方や友達の大切さに改めて気付いたと思います。

今年はスポーツや部活動で大会が中止となり、残念です。一生で1回の機会を失くし悔しい思いをし、心に影として残ったのではないでしょうか。それでもこの経験を糧として乗り越えていける力が私達にはある!と信じて行きましょう。前向きにポジティブに潤徳会は応援しています。中止になりましたうるおい祭で予定していたハーバリウム講習会を2学期に行いますので皆様の参加をお待ちしています。今年もよろしくお願い致します。

潤徳会会長
栗本 三矢子

目的

本会は潤徳学園の総合的な発展向上に寄与することを目的とする。

事業

本会は前条の目的のために次の事業を行う。

  1. 学園の施設、設備に関する援助。
  2. 生徒の課外活動に関する事業。
  3. 会員相互の資質向上に関する事業。
  4. その他本会の目的達成のために必要な事業。

令和元年度事業報告

昨年度は、新たにPTA活動を卒業した多くの新役員・委員を迎え、役員会・定例委員会を軸に新鮮な意見を取り入れ活動することができました。
「潤徳サミット」では、それぞれの会や学園の現状、今後の見通しなど活発な意見交換を行いました。特に先生方より貴重な現状報告をいただき、今後の当会活動方針への大きな参考とさせていただきました。 また学園への金銭的支援活動として事業部費より補助金656万円余りを支出し、吹奏楽部・生徒会の活動補助、生徒募集・進路進学対策補助、設備改善補助に役立てていただきました。
 前年度に引き続き少しずつではありますが、事業活動を活発化させ、実施した物は大変充実した中身の濃いものになりました。

令和2年度事業計画

後援事業

  • 学園要望の各種後援・支援活動の実施
  • 合同懇談会「潤徳サミット」に参加し、報告・意見を参考にした具体的後援活動の実施
  • うるおい祭への出展→うるおい祭中止

運営事業

  • 定例委員会の開催
  • 広報活動(広報誌の発行、学園ホームページの更新)

会員研修・交流事業

  • カルチャー教室(手芸・工芸教室)
  • 研修旅行(日帰り散策)
  • 学校教職員・PTA・同窓会などとの懇談会の開催

その他