美術コース

教育内容

美術コース最新情報

美術コースの3つのポイント

基本から学び、個性を引き延ばす

本コースは、美術全般についての指導を行い、美術系の大学への進学を視野に入れたカリキュラムが特徴です。 さまざまな美術分野を経験し、創作活動の幅を広げ、自分のスタイルをつかんでいきましょう。 入学時、美術は中学校の授業で勉強した程度という生徒がほとんどです。基礎から勉強するので安心してください。

1年次は基本のデッサンから始まり、2年次までに、さまざまなジャンルの美術に取り組んでいきます。 また、美術館見学など校外にも積極的に出て行き、本物の持つ「美」に触れることによって、質の高い作品に触れることで、作家の意図や技法について学び、 自分の作品制作にも活かしていきます。自分が選択した分野を深く磨く2年次の作品制作は、学外展出品に向けての制作です。 学校に対する団体賞の他、個人賞では、推奨をはじめ特選・佳作などの賞をいただいた実績があります。

3年次になる頃には、1年次より続けてきた美術の勉強で 自分の美術の分野の方向が見えてくるはずです。3年次は、卒業制作展に向けての制作となり、もっと自由な発想で取り組むことができます。 どの学年でも、作品制作の過程では、節目に講評会などを行い、教師の指導だけではなく生徒同士お互いに協力して学び合い刺激し合いながら、 伸びてゆきます。また、美術を通して社会と関わる課外活動も積極的に行っています。

Art and Design Course Archive

希望進路実現へバックアップ

制作には、時間・場所が必要になります。特に油絵や大きな作品などを、自宅で制作することは、なかなか難しいものです。放課後・休日は、美術室や作業室で制作してもかまいません。 「潤徳美大受験対策(ウル美)」で、美術大学受験の対策も行っています。夏休みには予備校講師を交えてデッサン講習を行います。

進路は、美術のさまざまな分野に進む生徒がほとんどですが、他分野に進む生徒も多くいます。3年次には、選択科目の時間が、週5時間(週2時間の科目を1、週3時間の科目を1)あり、 受験・進路によって科目を選んで履修することができます。

ウル美

幅広いジャンルの美術教員

河邊 伸(油画)

これから美術をやってみようと考えるみなさんへ。美術という分野に深く関わることで将来役立つことは意外にたくさんあるものですが、私が美術をやっていて一番良かったと感じているのは「自分とは何か」について考え自分自身を素直に見つめることができたことです。それ以前と比べると物事への感じ方やとらえ方といった価値観が確かに変わった記憶があります。それは考えようによっては技能や知識を得ることよりも自分にとって重要なことになるかもしれません。

1979年
和歌山県生まれ
2005年
東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2007年
東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了

佐藤 賢志(彫刻)

美術は人間が作り出すもの全てに含まれている要素です。目を開けば誰かの作ったものがある。それは人間にしか作れない風景です。将来はあなたもその風景に一筆入れる機会がくるかもしれません。その日のために一緒に美術を基礎から学びましょう!

1990年
岩手県生まれ
2013年
東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
2015年
東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

山本 彰(油画・水彩・版画)

美術コースでは多岐に渡る美術分野の基礎となる力を身につけられるようにし、生涯を通して美術と親しく付き合えるような指導を心がけています。美大進学を考えている生徒にも熱意を持って指導しています。

1984年
熊本県生まれ
2008年
東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2010年
東京藝術大学大学院美術研究科版画専攻修了

五十畑 彩香(水彩・工芸・デザイン)

美術は自分が思っているより身近に存在するものです。あまり固く考えずにまずは自分の好きなもの、興味・関心があるものを知りましょう。自分自身を知ることで自信がつき、表現力も豊かになります。美術コースで基本的な技術を学びながら、自分だけの表現の方法を一緒に探していきましょう。

1988年
埼玉県生まれ
2012年
東京藝術大学美術学部工芸科陶芸専攻卒業
2014年
東京藝術大学美術研究科工芸専攻修了

宮田 みな美(油画・デザイン)

一言:美術の面白さは、美術を通して自分自身と向き合えることだと思います。授業では「本当にやりたいことに取り組める授業」「無理なく自分の気持ちや感情に向き合える授業」を心掛け、自分だけの表現をじっくりと見つけてもらえたらと思っています。宜しくお願いいたします。

1993年
東京都出身
2016年
日本大学芸術学部美術学科絵画専攻卒業
2018年
横浜国立大学大学院教育学研究科美術領域修了

秦 健児(油画)

一言:表現の世界が大好きです。美術に限らず世の中には素晴らしい作品が沢山あります。何かを表現したいと動き始めた時、その素晴らしい作品になる第一歩かもしれません。共に表現を学んでいきましょう。よろしくお願いいたします。

1981年
広島県出身
2005年
東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

カリキュラム

教科 科目 / 学年 標準
単位数
第1学年 第2学年 第3学年
国語 国語総合 4 6
現代文B 4 4 4
古典A 2 2
地理歴史 世界史A 2 2
世界史B 4 ★4
日本史A 2 2
日本史B 4 ★4
公民 倫理 2 2
政治・経済 2 2
数学 数学Ⅰ 3 3
数学Ⅱ 4 4
数学A 2 ◎2
数学活用 2 ◎3
理科 科学と人間生活 2 2
生物基礎 2 2
保健体育 体育 7~8 3 2 2
保健 2 2
芸術 美術Ⅰ 2 2
美術Ⅱ 2 2
外国語 コミュニケーション英語Ⅰ 3 4
コミュニケーション英語Ⅱ 4 4
コミュニケーション英語Ⅲ 4 4
英語表現Ⅰ 2 2
英語表現Ⅱ 4 2 2
家庭 家庭総合 4 2 2
情報 社会と情報 2 2
芸術専攻 専攻美術Ⅰ 4
専攻美術ⅡA 2
専攻美術ⅡB 2
専攻美術ⅢA 2
専攻美術ⅢB 2
専攻美術ⅢC 2
選択科目 2単位選択 2
3単位選択 3
グローバル教養 ユニバーサル フォレスト 1 1
イングリッシュ アイランド 1
その他 総合学習の時間 3~6 1 1 1
ホームルーム 1 1 1
合計 36 36 34

★は必修選択科目。1科目を選択。●は、イングリッシュ アイランドか手話の選択です。
「2単位選択」では、2単位の授業を1科目選択。「3単位選択」では、3単位の授業を1科目選択。

選択科目

2単位選択:次の講座から1科目選択

国語:小論文・一般国語、受験国語 地歴:女性史 数学:◎数学A 理科:生物研究、生物演習(※生物研究・生物演習はどちらか1つの選択)英語:センター英語 その他:選択体育、幼児教育音楽、デッサン演習、選択書道、被服、フードデザイン、秘書、コンピュータ、文書デザイン、福祉ゼミ

3単位選択:次の講座から1科目選択

公民:時事ニュース 数学:◎数学活用 理科:生物 英語:英語多読、実用英語 その他:教養美術、硬筆、楽典初級講座、手芸、家庭科の理論と実習、コンピュータ演習、簿記基礎、教養福祉
+ウル美

※選択科目は、年度により変更されることがあります。

合格実績

  • 愛知県立美術大学
  • 武蔵野美術大学
  • 多摩美術大学
  • 東京造形大学
  • 日本大学芸術学部
  • 女子美術大学
  • 東北芸術工科大学
  • 明星大学
  • 清泉女子大学
  • 文化学園大学
  • 東京工芸大学
  • 横浜美術大学
  • 文星芸術大学
  • 昭和女子大学
  • 玉川大学
  • 東京家政大学
  • など