潤徳日記

普通救命講習

2019.1.9

 昨日、東京防災協会の方々をお招きし、希望生徒・教職員を対象にした普通救命講習が開催されました。

 いざ事故現場に居合わせた時、どのように対処すればよいのか、人工呼吸や心臓マッサージのやり方、AEDの使用方法などを教えて頂き、全員が人形を使って訓練しました。

 はじめは声を出して確認することに不慣れな様子の生徒達も次第に慣れて大きな声を出すことができるようになっていき、資格更新のために受講した教職員や3年生はよりてきぱきとした動きや声かけを見せてくれました。

 もしかしたら、自分の家族や友達が事故に遭うかもしれません。いざという時の備えとして、本日学んだことをいつでも実践できるように準備しておきましょう。