日常ブログ[美術デザインコース]

1.2年 春季自宅課題

2018.4.27

こんにちは!

美術デザインコースでは、長期休みに自宅課題デッサンコンクールとして1.2年生(春休みだったので今の2.3年です)が同じ内容のデッサン課題を行っています。提出されたデッサンは学年やクラスを分けずに採点され、優秀作品は校内に掲示されます。

今回の課題は「空き缶と紙を自由に構成してデッサンしなさい」でした。

構成デッサンというと、モチーフを自分で実際に卓上に配置・構成して描く場合や、画面の中で空間を想定し、モチーフのサイズやモチーフ同士の関係なども自由に設定して描く場合が考えられますね。今回はどちらの作品も見受けられましたが、どちらにせよ「自由に構成」という設問に応えようという意識が感じられる作品に評価が集まったように思います。

それでは、優秀作品をご紹介します!


新3年生作品

ねらいと絵的な面白さが伝わりやすい作品でした。逆光設定やモチーフのサイズ感、缶の捻らせた演出など、ただ素直にモチーフを描くだけにとどまらずにモチーフの形態や状況設定を利用して積極的な画面作りができている点が特に良いです。課題点をあげるとすると、まだ缶をとりまく四隅周辺の紙の状況や形の言い切りが弱くそれが画面の全体の緊張感や張りを弱くしているところ等でしょうか。(河邊)


新3年生作品

構成が非常に美しいと思います。缶の向きも計算されて見えますし、動きや流れを作り出す要素として紙テープを上手く使って画面を構成していますね。真上から見た缶も良い要素だったと思います。描き込みに関してまだ弱さが見受けられるので、主役となる部分はもう少ししっかり描き込んで、それ以外の部分においても狙った上での抜けとして見せられるような手の入れ方がしたいです。(光廣)


新3生作品

あえて文字やロゴの多いモチーフを選んだようですが、きっちりと描き切ることで、描写が生き生きとして見やすい画面作りができています。構図がやや小さくまとまってしまった点を、描き込みでカバーしようというようにも捉えられますので、入れ方に大胆さが出て来るといいですね。また描写の丁寧さが同一な印象がありますので、あと一歩抑揚のある描き込みも欲しいところです。(野口)


新3年生作品

構図、形、色、描写において総合的に高いレベルで描く事ができています。欲を言えば、濃淡の強弱が手前側と奧側で差があまりないので、背景につながっていくグレーの色幅をもう少し増やしてみると良いです。紙のくしゃくしゃとなっているところや丸まっているところの遠近の差をもう少し神経を使ってあげるとさらに良くなりそうです。紙の方が白かったりして視覚的に情報量が少ないかもしれませんが、缶の描き込みとのバランスを取る必要がありますね。(山本)


新3年生作品

課題文に対して自分なりの解釈で答えた内容が、程よかった印象です。単純な飲料缶ではなく缶詰やペンキ缶、紙は色紙とペンキの説明書でしょうか?これ以上ごちゃごちゃだと少し奇をてらい過ぎですし、けれども課題文に対する興味や前向きな姿勢は感じさせるちょうど良い塩梅ですね!内容も徐々に精度が出てきました!この調子!(佐藤)


新3年生作品

構成している要素がシンプルでありながら、粗密のバランスがよく見せ場が的確な作品です。缶の見え方は控えめですが、包み込む紙の現象を丁寧に追うことで、缶の大きさや丸さが伝わって来ます。ただ、これくらいのスケール感でモチーフを描くとなると手前から奥への空間の表現に、より強弱や抑揚がつけられるといいですね。(野口)


新2年生作品

1年生(今の2年生)ながら課題文の解釈が受験を意識している点に好感が持てます。構成や設定をしっかり意識できました!構成自体や描き込みは大人っぽいのですが、もっと欲を言えば材質の表現に時間をかけたかった印象です。構成上、紙をあえて鋭利に見せているのだとは思うのですが、紙らしいしなやかさも欲しいですよね。缶にも同じことが言えるでしょう。「モチーフらしさ」も大切に!(佐藤)


新2年生作品

一つ一つモチーフをしっかり描き切ろうとしている様子が伝わります。描き込みにも神経が入っていて部分的に調子もきれいですが全体としてはまだモチーフ同士の関係(強弱の見え方、動きなど)が少し単調で、ある種のかたさも感じてしまいます。描写力は強みでもありますがただ状況を説明していくだけにならないように、例えばモチーフの色味や質の差の美しさ、背景も含めたこの場の光の状況や距離感なども実感しながら終始進めてみるなどしてみましょう。(河邊)


新2年生作品

丁寧に観察し、誠実に描き込んでいった様子が感じられます。それぞれの質感も感じ取ることができますし、こうと決めて描き出したあとの仕事は非常に良いと思います。…が、構図やモチーフにおいてもう少し吟味の余地がありそうです。今回はやや下寄り&少し左右の余白が窮屈になってしまったかもしれませんね。紙ももう少し缶との関わりを感じるような扱い方ができればさらに課題文に沿った回答になったように思います。(光廣)


新3年生作品

ふわっとした柔らかいハイトーンの中で良く描き分けられています。ベースのグレーが明るい分、光側の色の幅をもう少し増やさないと奥行きや空間の広がりを持たせにくいかもしれません。特に奧側の紙はこすった調子で終わっているので、やや近景の缶の描き込みに対して情報量が乏しく見えます。空間につながって行く形の際まで神経を入れて描いてあげると尚良くなりそうです。缶の上面の飲み口の穴が面に対して少し右上がりになっているので、しっかりと面に即して描いてあげると良いでしょう。(山本)


おつかれさまでした!

次の自宅課題デッサンコンクールは夏休みに行われます。それまでの授業内でのデッサンも大切にしながら取り組んでいってくださいね☆