潤徳日記

校長室より

2017.11.30

 今月は「PTA文化研修旅行」と本校後援会「潤徳会」主催の懇親旅行に参加しました。両旅行とも日帰りではありましたが、それぞれに茨城方面、お台場方面で紅葉を楽しみながら、美味しいランチを堪能し、在校生の保護者、卒業生の保護者の皆様と懇親を深めることができました。

 在校生の保護者の皆様にとって、一番の関心事は、やはり2020年度の大学入試改革かと思われます。年度では現在の中学3年生からの変更なりますが、高校1・2年生にも、そして、受験中の高校3年生にも影響がありますので、心配は尽きないかと思います。

 社会の変化はめまぐるしく、求められる人材像が大きく変っての大学入試改革となりましたが、「社会で認められ自立した女性」の育成を実践している本校の日々の教育活動に賛同し、ご息女が学校生活に真面目に取り組めるよう温かく見守っていただければと考えております。学校生活を送ることによって「発見・分析力」「解決・応用力」「コミュニケーション力」を磨き、大学入試に対応し、その後も、社会に貢献し、自分らしく生きていける力を育ててまいります。

 これからも在校生の保護者の皆様はもちろんのこと本校生徒たちを応援して下さる皆様と生徒たちの成長を共に喜び、見守りながら、私たち教職員も生徒たちとともに研鑽を積み成長していけたらと考えております。