潤徳日記

ゴールボール大会

2017.11.6

 10月28日(土)、福祉進学コースの1,2年生はホームルームの時間を使ってゴールボール大会を行いました。ゴールボールは、第二次世界大戦で視覚に障害を受けた兵士のリハビリテーションとして考えられたプログラムの1つです。日本では2002年のアテネパラリンピックに女子チームが初出場し、銅メダルを獲得してから知られるようになりました。2012年のロンドンでは金メダルを獲得しています。

 今回は、ゴールボールという障害者スポーツをみんなで楽しむことに主眼をおき、コートやルールは簡略化して行いました。アイマスクをしてボールを転がしたり受け取ったりするのは思った以上に難しく、戸惑うこともありましたが、楽しい時間を過ごすことができました。