日常ブログ[美術デザインコース]

1.2年 夏期自宅課題

2017.9.12

こんにちは!

美術デザインコースでは、長期休みに自宅課題として1.2年生が同じ内容のデッサン課題を行っています。提出されたデッサンは学年やクラスを分けずに採点され、優秀作品は校内に掲示されます。

 

今回の夏休みのデッサン課題は「手とモチーフ(モチーフ:スプーンorフォーク)」でした!どのクラスからも優秀作品が出ており、見応えのある作品も多く見受けられました。自宅制作ということもあり、それぞれのモチベーションやこの課題に費やした時間などが作品の出来を大きく左右していたように感じます。

 

 

普段の授業では学年ごとの課題を行っているので、こうした機会に自分の実力を改めて見直してもらえたらと思います!

 

それでは、今回の優秀作品をご紹介します!

 

 

2年生作品

手の表情がややかたいのが惜しいところですが、仕事が丁寧で綺麗です。いつも複雑なポーズに積極的に挑戦する姿勢を持っていますが、良く描き込まれているので状況に説得力がありますね。画面の中で細部まで意識が行き届いていますし、着実に力を付けていっていると思います!(光廣)

 

 

 

 

 

2年生作品

 

手の表情などまだ固さを感じますが、奥行き感のある視点など、どこか新鮮で惹き付けられるデッサンです。手とスプーンが交差する見せ場では、手とスプーンと床、それぞれが関係し合う状況までよく観察して丁寧に描けています。手前に向かってくる腕の印象をもう少ししっかりおさえられればさらに空間的に迫力のあるデッサンになったかと思います。(河邊)

 

 

 

 

1年生作品

画面構成やポーズが自然に無理なく組み立てられていますね!すっきりとした安定感のあるデッサンです。細部の描き込みや色の幅など、1年生とは思えない様な集中力を感じます。欲を言えば、手のひらと指やスプーンの間などは特にですが、あえてやりとりを増やして空間を感じさせるような厚みのある調子が出せると、もっと良くなりそうですね!(佐藤)

 

 

 

 

2年生作品

構図が気持ち小さめですが、余白との兼ね合いが自然で雰囲気があり、見やすいデッサンです。調子が丁寧で質感の違いも分かりやすく表現されています。親指から手首までの繋がりが見づらい部分があるので、手の動きを意識できると良いですね。(野口)

 

 

 

 

1年生作品

モチーフを画面の中心から少しずらし、スプーンを斜めに持つことでピーンと張りつめた緊張感のある画面構成を作り出しています。空間の見え方は自然でとても良いです。ぼんやりした調子の中にとげとげした鉛筆のタッチが少し浮いて見えるところもあるので、鉛筆を立てた調子でもう少しおおまかな形を追いかけるところがあっても良さそうですね。(山本)

 

 

 

 

お疲れ様でした!

夏休み明けの課題もこの調子でがんばっていきましょう!